読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab

WEB制作を中心にSEOやマーケティングなど色々と語ります

モバイルファーストインデックスの導入による影響について

モバイルファーストインデックスの導入による影響について

先月の中旬、Googleがモバイルファーストインデックスを導入予定というこちらの記事を拝見しました。

www.suzukikenichi.com

この記事によれば、今までPCページの評価を元にモバイルの検索順位が決定されていたものが、モバイルページの評価を元にPCページの検索順位が決まるというものでした。

要は、PC用のページとモバイル用のページの扱いが逆になるということですね。
では、今回はこのモバイルファーストインデックスについてまとめてみたいと思います。

モバイルファーストインデックスを導入する理由とは?

まず、モバイルファーストインデックスを導入する理由を考えてみたいと思いますが、これは上記の記事でも説明されていましたが、単純にPC検索よりモバイルでの検索が上回ったからということです。

また、下記の記事にも、ついにモバイルからのインターネット利用の数がデスクトップを追い越したという内容が報じられています。(去年もそんな記事を目にしたような。。)
そのため、今後はますますモバイル重視のサイト管理が重要となってきます。

モバイルファーストインデックスの導入は自然な流れと言えますね。

jp.techcrunch.com

個人的な意見

このモバイルファーストインデックスに関して個人的な意見ですが、PCとモバイルで評価を完全に分けちゃえば良いのに。。と思います。

モバイルが増えたからモバイルファーストって言うってことは、もしPCが依然多いままならこのようなことは起きなかったということですよね?

PCはPC、スマホはスマホの検索の目的が異なるならPCとスマホとでは検索順位が多少違っててもユーザーが使いやすければ良いのかな?とも思います。

現在、PCの評価がスマホの評価に影響しているように、モバイルファーストインデックスが導入されることによって、スマホの評価がPC評価にも影響する。という問題にすり替わるだけで、多数決だけでは全てのユーザーが幸せにはなれない気がします。

ま、あくまで個人的な意見ですが。。

Googleも正式に公表しました

そして、今月5日にはGoogleが公式ブログで正式にモバイルファーストインデックスについて公表しました。

これを見る限りレスポンシブデザインでPCとスマホのコンテンツを統一しているサイトにはあまり影響ないことがわかります。

はてなブログやWordPressでブログやサイトを管理されている方にはあまり関係のないニュースかもしれませんが、今後の流れを知るためにも一度目を通してみると良いかもしれません。

webmaster-ja.googleblog.com

将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスに向けて

そして、この記事では実際の導入時期は公表されていませんでしたが、テストを踏まえることから恐らく来年2017年4月辺りが予想されると思われます。

レスポンシブデザインによるスマホ対応をしていないサイトは、導入を急いぐべきでしょう。

 

モバイルファーストインデックスによる影響

まず、モバイルファーストと言えば、2015年4月21日に導入されたモバイルフレンドリーアルゴリズムによって、多くの方がレスポンシブデザインに対応されたと思います。

私もいくつかのサイトのレスポンシブデザイン導入にあくせくしました。

www.webproduct-lab.com

しかしこれによって、PC用もモバイル用もひとつのhtmlファイルで管理することが可能となりました。

なので、この時期にスマホ対応していたサイトは、モバイルファーストインデックスが導入されても、コンテンツ内容が変わらないため、評価が落ちる可能性が低いと予想されています。

逆に影響のあるサイトとは、そのままですが…PC用ページとスマホ用ページでコンテンツが異なるサイトです。コストや技術面の理由でスマホ用のコンテンツを大きく省略したページには検索順位に大きな影響が考えられます。

共通で使用する画像について

ただ、個人的に気になるのが画像についてです。レスポンシブデザインの場合の画像はPCとモバイルで共有してサイズを可変にして表示します。

そのため、スマホで表示した場合、ファイルによっては重くなってしまいます。
それが影響してPCの方でも順位が下がるということも考えられます。

これからは、なるべく画像を使わないデザインがさらに求められると思っています。
もし、気になる方はこちらの画像ファイルを圧縮する方法もご覧ください。

www.webproduct-lab.com

まとめ

モバイルファーストインデックスの導入に対応するためには、Googleの公式ブログにあるように、構造化データなどいくつかの確認するべき項目がありますが、個人的にはそれよりもコンテンツが重要な気がしています。

そのため、レスポンシブデザインの導入がなによりも重要となります。

そして、AMPのようなスマホで瞬時に表示されるページが評価される訳ですから、モバイルファーストはこれからのSEO対策にとって非常に重要な位置付けとなることに間違い有りません。

まず、気になる方はモバイルフレンドリーテストでスマホ対応しているかどうか確認してみると良いでしょう。

Copyright © webproduct-lab ALL RIGHTS RESERVED.