webproduct-lab

WEB制作を中心にSEOやマーケティングなど色々と語ります

JINS PCメガネでブルーライトをカット!PC作業におすすめのメガネ

スポンサーリンク

JINS PCでブルーライトをカット!PC作業におすすめのメガネ

今回は、私がおすすめするJINSのPCメガネ「ブルーライトカットメガネ」についての記事です。

私は会社から帰宅してからも色々とパソコンで作業しているんですが、同じように仕事で1日中パソコンを見ている方も多いと思います。

さらに最近では、仕事以外でもスマホを見る機会が多いと思いますので、何らかの「ディスプレイ」を見ている時間が1日の中でも長時間になりがちですよね。

私も気を付けてはいますが、ついつい寝ながらスマホを見てしまいます。。

では、そんな私が前に購入した、パソコンなどのブルーライトを抑えてくれる目に優しいJINSのブルーライトカットメガネについてご紹介したいと思います。

www.jins.com

ブルーライトを防いで、快適な眠りを体験してみませんか?

ブルーライトについて

そもそもブルーライトとは、パソコンやスマホやタブレットなどのディスプレイから発する光のことです。

目の疲れが主な影響ですが、他にも身体への影響もあるようです。

そのブルーライトは、下記の資料を見るとわかるように、パソコンよりもスマホが特にブルーライトを発しています。
寝ながらのスマホは目に悪そうですねー。。

http://blue-light.biz/about_bluelight/img/img_1-2.jpg

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強 いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブ ルーライトが多く含まれています。

引用:ブルーライトとは | ブルーライト研究会

 

ブルーライトを見続けるとどうなる?

そのブルーライトが及ぼす影響についてですが、眼球への影響はもちろん、他にも体内時計などにも影響を及ぼします。
参考:体内時計に影響する「ブルーライト」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア

そもそも私は昔から蛍光灯など眩しいのが苦手で、さらにドライアイなのかな?とも思いますが、季節によってはたまーに目が乾いて痛くなります。

www.jins.com

そして、その痛みが長引いて眼科に行ってみると、いつも目の表面に少し傷ついてると言われます。そして処方された目薬を使用して目を休めると良くなるんですよね。

ブルーライトによる影響だけが原因ではないかもしれませんが、少なくとも私は目を酷使するとしばらく休ませないといけないくらい目が痛くなります。。

 

ブルーライトを抑えるためには?

そのブルーライトを抑える方法としては、パソコンなどのディスプレイに専用のフィルムを貼ったり、ディスプレイの光量を抑えるなどの方法があります。

しかし、色を判断しにくくなるような気がしますし…光量を下げるにも限界があるので、やはり少しでもブルーライトをカットするなら、それに対応したメガネがおすすめです!

ということで、先ほどもご説明した通り私の場合は、ディスプレイを長時間見ていると眼球への影響が顕著に出るので、光を少しでも和らいでくれるJINSのPC用メガネを購入することにしました。

 

PC用メガネの「JINS PC」

JINSでは以前、JINS PCという商品名でブルーライトカットのメガネを販売していましたが、2015年に「JINS SCREEN」という名称に変更して、用途に応じてレンズを以下の3種類としました。

  • DAILY USE(25%カット)
  • HEAVY USE(38%カット)
  • NIGHT USE(60%カット)

それぞれ通常のフレームに+4,000円(税別)で用途に合わせたブルーライトカットレンズに交換することができます。

JINS PCはJINS SCREENに生まれ変わりました。

 

JINSのメガネはフレームの値段にレンズが込みとなっているので、ブルーライトカットレンズが必要なければかなり安く購入することができます。

と言っても、今回のようにブルーライトカットレンズに変更してもフレームによっては1万円を切るくらいの料金で購入することができます。

 

Airframeを購入

そして私は、実際に店舗に見に行って「Airframe」という当時5,990円のフレームにしました。

f:id:yuki53:20161122232951j:plain

Airframeは軽量メガネが特徴で、長時間付けていても疲れません。

 

私はあまり意識しないでこの「Airframe」というフレームに決めましたが、改めて持ってみると確かに軽いです。
さらにこのフレームにブルーライトカットレンズをこちらも当時の価格で+3,990円で交換してもらい作ってもらいました。

JINSではその場で視力を計り、多少の待ち時間はあるものの、その場でメガネを持ち帰ることができました。便利!

メガネケースもこんな感じで見た目も良く、鞄に入れても心配ありません。

f:id:yuki53:20161122234946j:plain

補足として、度なしのブルーライトカットレンズだけのメガネも作ることができます。
その場合は、ブルーライトカットレンズのみの料金で作れますから、目が悪くない方なら作業用のブルーライトカットのメガネとしてひとつ持っていても良いかもしれませんね。

 

まとめ

そんな感じで、今もJINSのブルーライトカットレンズのメガネを使用していますが、個人的には目が痛くなることはほとんどなくなりましたね。

目を休ませることに超したことはありませんが、特に夜なんかにパソコンの作業をする時にこのメガネをするとやっぱり楽です。

ということで、長時間ディスプレイを見る方は検討してみてはいかがでしょうか?
PCメガネ「Airframe」おすすめです!

Copyright © webproduct-lab ALL RIGHTS RESERVED.