webproduct-lab

WEB制作を中心にSEOやマーケティングなど色々と語ります

GoogleアナリティクスのユーザーとセッションとPVの違いについて

スポンサーリンク

f:id:yuki53:20150726114532j:plain

サイトの色々な数字を見ることができる、Googleアナリティクスについてですが、みなさんはどの数字を見ていますか?

私も最初はアナリティクスでは、何を見て良いのかわかりませんでしたが、まず確認するのが訪問数ではないでしょうか?
しかし、その訪問数にも…

  • セッション
  • PV
  • ユーザー

と、3つの定義があります。
基本的なことですが、この3つの違いを即答できる方なら、アナリティクスを色々な視点から見ることができているのかもしれません。

この訪問数の定義と、そこから考えられるユーザーの動向やサイトの傾向から、サイト改善に繋がるための施策に活用しましょう。

セッション

アナリティクスにログインして、見たいプロパティ(サイト)を選択するとデフォルトで表示される数字です。
何気に見て、セッション=訪問数と思っている方も多いかもしれませんが、この数字は、アナリティクスのヘルプにも載っているように、

ユーザーがサイトで30分以上操作を行わなかった場合、それ以降の操作は新しいセッションと見なされます。

とのことから、30分以内の再訪問はカウントされませんが、30分以上時間をおいた後の再訪問は同一ユーザーでもカウントされます。

ただし、この30分というのは初期値で、アナリティクスのセッション設定画面から変更可能です。(最小1分〜最大4時間)

f:id:yuki53:20150726102444g:plain

 

PV(ページビュー)

これはわかりますよね?
セッション数に関わらず、100ページ見られたら100PVとなります。

これは、セッション数と比較して多いようであれば、訪問別PV(1ユーザーが平均見るページ数)が多くなることから、回遊率の高い、且つ直帰率の低いサイトと思われ、ユーザーにちゃんとサイトを見られていると考えられます。

アクセスを増やしたいのであれば、PVでは意味合いが変わってくるので、セッション数の推移を追ってサイトの改善を考えるようにしましょう。

 

ユーザー

これは、あまり馴染みのない数字かもしれません。
ユーザーとは、アナリティクスで選択した期間内に訪問した、重複しないユーザー数です。
その期間内で、1ユーザーが何度リピートしても、そのユーザーのカウントは、「1」となります。

よって、リピーターを増やしたい場合なんかは、このユーザー数を見ていては、判断できません。この場合はセッションを見てPDCAに活用しましょう。

 

アナリティクス訪問数の違いまとめ

アナリティクスで訪問数を表す3種類の数字は、

  • PV > セッション > ユーザー

のような大小関係となるはずです。

この数字を比較すると、例えば、ユーザーとセッションの数が大きく乖離しているようであればリピーターの多いサイトと考えられますし、セッションと比較してPVが異常に多い場合は、先ほども言ったようにサイト内のコンテンツをよく見られていることや、各カテゴリやページへの導線がユーザーにわかりやすく配置されている。などと考えることができます。

このことから、何らかの目的・目標を持った施策によって、追う数字を変えて正確な判断を行えるようにしましょう。

Copyright © webproduct-lab ALL RIGHTS RESERVED.