読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab

WEB制作を中心にSEOやマーケティングなど色々と語ります

アドワーズ リマーケティングリストをアナリティクスで作る方法について

f:id:yuki53:20151129165422j:plain

PPCといえば、GoogleとYahoo!ともに検索ワードに対して広告を出稿する便利なリスティング広告が有名ですが、他にも興味のあるユーザーにターゲットを絞って広告を表示するディスプレイ広告があります。

このディスプレイ広告(Yahoo!ではYDNといいます。)は様々なターゲティングが可能で、使い方によっては高いCVRが期待できます。
例えば…

  • 2回以上訪問したユーザー
  • 特定のページを巡回したユーザー
  • ユーザー属性(性別・年代など)

といったように特定の条件を満たしたユーザーをリストに蓄積して、そのユーザーに対して広告を出稿することができます。(リマーケティング)

そんな購買意欲が高いと思われるユーザーに対して広告を表示することによって、お問い合わせや購入など高いCVRが期待できます。

ということで今回は、このターゲティングリストの作り方を説明してみたいと思います。
ターゲティングリストに関しては色々とできることが多く、難しい感じがしますが、この辺りをまとめてみたいと思うので、ぜひリマーケティングをする際の参考にしてみてください。

アドワーズでリマーケティングリストを作る方法

アドワーズの管理画面からリストを作るには、専用のタグを全てのページに設置して、リストに追加するユーザーの行動(ルール)を登録する必要があります。

リマーケティングタグの設置

まず、ページに設置するタグを確認しましょう。

共有ライブラリ>ユーザーリストのページ右上にあるリマーケティングタグ「タグの詳細」をクリックすると出てくるウィンドウのさらに右上に設定方法のタブを開くとリマーケティングタグが表示されます。

このタグをリストの対象となるサイト全てのページに設置します。

f:id:yuki53:20151128160829g:plain

 

リマーケティングリストの作成

次にリマーケティングリストを作成します。
共有ライブラリ>ユーザーリストから「+リマーケティングリスト」をクリックし、リストに該当する項目をクリックします。

すると下記のような画面に遷移するので、リストに追加したいルールを指定します。

f:id:yuki53:20151128162433g:plain

これで、リマーケティングリストが蓄積され、広告を登録するとターゲットに表示されるようになります。
ページ毎に訴求した広告を訪問済みユーザーにアピールできますね。

 

アナリティクスからも作れるリマーケティングリスト

この便利なリマーケティングですが、実はアナリティクスからもリストを作ることができるんです。

そして、このアナリティクスで作るリストの方がターゲットを柔軟に絞ることができるという最大のメリットがあり、ページに設置するタグも必要なく(その代わりアナリティクスのタグを一部修正する必要があります。)、保存すると自動でアドワーズの方にも反映されるため、リマーケティングリストを作成するならアナリティクスで作成することをオススメします!

では、アナリティクスからリマーケティングリストを作る方法をご紹介します。

 

アナリティクスとアドワーズのリンク

まずはアナリティクスとアドワーズをリンクさせます。
下記のようにアナリティクスの管理画面の「AdWordsのリンク設定」から、リンクさせたいAdWordsのアカウントを選択し、「続行」をクリックします。

そして、リンクグループのタイトルにわかりやすいタイトルを入力後、リンクするビューを選択し、「アカウントをリンク」をクリックして完了です。

f:id:yuki53:20151128220409g:plain

※アナリティクスとアドワーズでアカウントが別の場合は、アナリティクス側で管理者を追加して権限を付与することでリンクすることが可能となります。また、アドワーズからリンクすることもできます。

 

トラッキングコードの修正

次にアナリティクスでリマーケティングリストを作る際に必要なタグ1行をトラッキングコードに追加します。

ga('create', 'UA-XXXXXX-XX', 'example.com');
ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');

※ga('require'〜の一行を'create' コマンドと 'send' コマンドの間に挿入します。

Google アナリティクスでリマーケティングと広告レポート機能を有効にする - アナリティクス ヘルプ

 

リマーケティングリストの作成

次にアナリティクスのリマーケティング>ユーザーリストから、「+新しいユーザーリスト」をクリックしてリマーケティングリストを作成します。

まず、移行先のアカウントから広告アカウントを選択して「次のステップ」をクリック、そして「新規作成」をクリックすると「ユーザーリスト作成ツール」が表示されるので、ここで様々なターゲットをカスタマイズして定義することができます。

f:id:yuki53:20151129154449g:plain

有効なリスト定義を決めて広告を最適化しましょう。

support.google.com

 

リマーケティングリストの作り方まとめ

リマーケティングリストについて色々調べていると、アドワーズとアナリティクスでそれぞれリストを作れることがわかり、さらにアナリティクスでリストを作ることによるメリットを知り今回の記事をまとめてみました。

リマーケティングリストのターゲティングで、アドワーズとアナリティクスの違いについてはこちらの記事が参考になりました。

webbu.jp

 

私も実際にリストを作ってみましたが、アナリティクスの方が断然使いやすく、ターゲットを絞り込むのに大変便利でした。
リマーケティングはディスプレイ広告の最適化に効果が期待できることから、使っていない方はぜひ色々な定義でリスト収集をしてみてください。

Copyright © webproduct-lab ALL RIGHTS RESERVED.